マンボウについて。


こんばんは。

祐天寺古着屋 archeologie (アルケオロジー)Staffのタスマニアンデビルです。

d0224592_23545679.jpg


僕の連休の過ごし方。

d0224592_2355491.jpg




さいきんハマっているもの。

d0224592_061679.jpg


マンボウ。

何でこんな形なのか?

何故こんな薄いのか?

何の目的の為にいるのか?

だって・・・

マンボウの死因一覧:

朝日が強過ぎて死亡
水中の泡が目に入ったストレスで死亡
海水の塩分が肌に染みたショックで死亡
前から来たウミガメとぶつかる事を予感したストレスで死亡
近くに居た仲間が死亡したショックで死亡
近くに居た仲間が死亡したショックで死亡した仲間から受けたストレスで死亡


極めつけは

マンボウは体表に付いた寄生虫を落とすために

空中に飛び上がって水面に体を叩きつけたりする

そしてその時の衝撃で死んだりする 。


何?

どんだけだよ。

って、色々調べていたら興味が湧いちゃいました。

赤マンボウってマンボウ科じゃないのよね。

d0224592_0165433.jpg


深海魚で

天変地異の魚で有名な

リュウグウノツカイに近縁の魚らしい。

しかも、マグロの代用魚だそうで。

捌かれてると姿形が見えない分怖いなと

思ったタスマニアンデビルでした!

d0224592_020247.jpg


店頭にてマンボウのお話できればと思います!

次回のスタッフブログもお楽しみに!!
[PR]
by archeo-parti | 2013-09-23 00:20 | Mattun Blog
<< 本日のスタブロ担当は、Deer... 旅での事&黄昏 >>