ドラマ化しちゃれらっちゃれら!!!

こんにちは〜


晴れたり、曇ったり、雨降ったり。



はっきりしない天気ですね。




暑いことには変わりないですけど。




早く涼しくなってくれないもんですかね。。。










話しは変わりまして。



自分が部屋に帰ってから先ずすること。



それはテレビをつけることなんですが。。。


暫くしたらすぐに消しますけど。
(部屋で無音が耐えられない...)



何気なく流していたら、最近これ! ドラマ化してたんですね〜
d0224592_14471921.jpg

『ろくでなしBLUES』

(今日のタイトルは、キレる寸前にどもってしまう前田太尊からインスパイアw)




そう、「ろくブル」です!



劇団EXILEによって実写化だそうです。







感想は。。



原作を愛してる自分としては、どうせなら実写化してほしくなかったです!










この『ろくでなしBLUES』、

森田まさのり先生(「ROOKIES」等)による作品で、

1988年から1997年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていたもの。




中学生の頃ですね。



完全にハマりました。




単なるヤンキー漫画ではないです。

笑いがあります。

もうたまらなかったです。





そして登場人物の一人一人、脇役に至るまでキャラが際立っています。

愛すべきキャラの勢揃いでしたね。




千秋好きだったな〜

たまにはっきりしなさすぎの性格に腹立ったりもしたけど。




帝拳高校のキャラ(太尊はじめ、ヒロトが好きですね)は勿論、

自分は鬼塚というキャラが好きでしたね〜
d0224592_15262917.jpg


この鬼塚、
渋谷楽翠学園の番長。東京四天王の一人。
ランチコートを愛用。(この時点で好きになりましたね)

太尊にはアゴを割られても立ち向かっていき、葛西にはアバラを折られてもギブアップしないと、かなりの精神力が伺える奴。

登場時は非常に卑劣で冷酷非情な男であり、力と恐怖で仲間を支配。



しかしこの男、後に改心するんです。



大阪抗争編の時の心強さは半端じゃなかったですね。







短編集の「ろくでなしぶるーちゅ」も好きでしたね。



とにかく読みどころ満載の作品です!




また買い集めたくなってきました。



いや買います。



またこの場面とかみて笑いたいから。
d0224592_16049.jpg




これ着て買いに行きます。
d0224592_16581824.jpg

60's Unknown Brand Souvenir Jacket / 別珍×Satin



では今日はこの曲でお別れです。

「リンダリンダ」ブルーハーツ



また!



wackyy(月)
[PR]
by archeo-parti | 2011-09-05 16:58
<< BBQ♪ 歓迎会 >>